コンチワ!コンチワ!コンチワ!
映画「生きてこそ」をみんなに見てほしい!!”Mr.ゼットン”です。

 

『生きてこそ』厳寒の山脈で72日間生き残った実話を元にした衝撃の物語

映画『生きてこそ』についてのまとめ。生きてこそは1972年にアンデス山脈で起きた飛行機事故の実話を元にした1993年のアメリカ映画です。極限の環境で生き残った16人の事実を元にしたストーリーは、観る者を釘付けにする衝撃の内容が語られます。

 

 

映画『生きてこそ』とは

『生きてこそ』は、ウルグアイ空軍機571便遭難事故を題材にしたピアズ・ポール・リード のドキュメンタリー小説『生存者ーアンデス山中の70日』を原作にした1993年公開のアメリカ合衆国の映画。フランク・マーシャル監督、イーサン・ホーク主演、ナレーターをジョン・マルコヴィッチが行っている。 ウィキペディア

 

『生きてこそ』の実話

生存者のひとりで遭難者の救出に大きな貢献を果たしたナンド・パラード氏が、映画の主役のモデルとなっています。生存の見込みなしと救助活動を打ち切られた事を知ったパラード氏は、仲間と共に極めて危険な道程を9日間歩きとおして、救助を呼ぶことに成功します。パラード氏が語るノンフィクションも書籍化されています。