コンチワ!コンチワ!コンチワ!
『ブレードランナー ファイナル・カット』はなぜ不朽の名作といわれるのか?35年経った今なお愛される理由を探ってみました”Mr.ゼットン”です。

『ブレードランナー』は、1982年公開のSF映画。 映画の舞台は2019年ロサンゼルス。そう今年のロサンゼルスが舞台なのです!
宇宙開拓の前線に送り込まれた遺伝子工学の産物、レプリカント4体が逃亡し地球に帰還した。レプリカントを捕獲する“ブレードランナー”の一員、デッカード(ハディソン・フォード)は捜査にあたるうち、人間よりも崇高なレプリカントの精神を知ることになる――。

フィリップ・K・ディックの傑作小説「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」を原作に、リドリー・スコットが惹きこむような審美的映像に仕上げた、時代を画したSF作品。なにより画期的なのは綿密に映像に構築された世界観にあります。 「工業製品は状況や環境とセットでデザインされるべきだ」と考える工業デザイナーの第一人者、シド・ミードをデザインに起用し、登場する車両から建築や都市景観に至るまで、未来世界すべてのデザインを任せた。スタイリッシュな未来世界のデザインに、『未知との遭遇』で知られるダグラス・トランブルのSFXがリアリティを与えている。まことSF映画に練りこんだ世界観と美の概念をもたらした初めての作品である。

 

ストーリー

フィリップ・K・ディックのSF小説『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』を原作としている。 ウィキペディア

 

『ブレードランナー ファイナル・カット』

 

BLADE RUNNER: MUSIC FROM THE MOTION PICTURE FULL ALBUM