コンチワ!コンチワ!コンチワ!
平成最後の年末に有馬温泉を代表する日帰り温泉 「銀の湯」に行ってきました”Mr.ゼットン”です。

銀の湯

所在地: 〒651-1401 兵庫県神戸市北区有馬町1039−1
電話: 078-904-0256
金の湯は、六甲山北麓の有馬温泉郷にある神戸市営の温泉入浴施設。古くから当地にあった公衆浴場「有馬温泉会館」を改築し、2002年12月4日に開館した。 浴用の温泉は有明泉源から引いている濃い金泉で、強塩泉のため鉄分が酸化して赤茶色に濁っている。ウィキペディア

 

30日は空いているものだとばかり思って訪れた有馬温泉でしたが、大学生くらいの人たちと中国人でごった返していました。

銀の湯の建物の前には行列が出来始めていました。 建物に入って券売機で「金の湯」と「銀の湯」の券を850円で購入して。建物の中でもまた並ばされました。

湯船に入るのに人数制限を設けられており1人が出て来たら1人入れる状態。僕たちも1人ずつわずかながら時間をずれながら入っていきました。

湯船1つ決して大きな温泉ではありませんので、肩と肩を並べるように湯船に浸かり目を閉じていると中国語が飛び交う事。  ここは中国なのかと思うほど中国人の団体で埋め尽くされていました。

ほとんど日本語が聞こえてくることはなかったですw

お湯の質はやはり良い感じですが実に落ち着かない。

20分そこらで銀の湯を後にしました。

湯質は良くてもこれはこれで考えもんですね。

温泉に入りに来て逆に疲れたかもです。

あれだけ人が出入りしたんじゃ、お湯も決して綺麗ではないでしょうしね。。。

 

旅をすること・・・人と出会うこと・・・
歴史を知ること・・・は
その後自分自身に必ずおとずれる
正しい選択の為の訓練です。

美しいモノをより美しく観る為に・・・
敬愛する人をより尊敬できるように・・・
大切な時間をより大切にすごす為に・・・

そして人生をより感動できるように・・・

人は旅に出ます。

【 Life On The Road (ライフ オン ザ ロード)】