コンチワ!コンチワ!コンチワ!
もう時期5歳になる我が子からほんの数分目を離した瞬間にリビングの白い壁紙に油性ボールペンで落書きされた”Mr.ゼットン”です。

落書きをみた瞬間目が点ですよ。
一応は怒り、理由を聞くと算数のお勉強と。。。
彼は勉強をしていたので、これ以上怒る理由とならず、次は目を離した自分に腹をたてましたが、前を向くことに。
建築関係の友人3人に現場で壁紙を汚してしまった時にプロが使う汚れ落としを紹介してもらうことが狙い。
しかし、返ってきた3人の返事は
「そんなしょうもないのないで!」「その場でクロス張り替えたら済むことや!」
確かに、建築現場ならそうかも知れない。 事情を話すと
「俺ならクロス張り替えるけどな」「DIYしーや」
さすがプロ。 確かに一理ある。
「でも、クロスを張り替えるとなると、部屋全体を張り替えなければ、そこだけ張り替えるととってつけたみたいにならへん?」の返しに。
「そんなん当たり前やん!」「全部張り替えたらいいやん」「何面倒くさい事考えてるねん」
さすがプロ! 意見がいちいち男前過ぎる。

後、プロの意見としてクロスの上にクロスを貼ったら駄目な事とペンキを塗ったらダメだと言うことです。 今流行りのDIYではよくやっていますがあくまでDIY。
根本的に耐久性がない為数年と待たずに劣化するそうなのでやめておくことにしました。(当然と言えば当然)

電話を切り一般的な意見を見るためにネットで検索。 そこで上がってきた情報が。

・除光液
・油汚れがおちるキッチン向け洗剤
・換気扇の汚れを落とす泡洗剤
・漂白剤
・洗濯洗剤

手短にあったものから試してみましたが・・・結果ぜんぶダメ。

もう一度建築関係の友人たちに、壁紙の情報と職人さんを使うといくらくらいになるかを聞いてみました。
まぁ、使う壁紙も貼っていただく業者さんによっても違うでしょうが基本的な相場を知りたくて。

今回のモデルとして我が家のリビング15帖ほどですが、こちらを全部張り替える相場を聞きました。
作業内容は家具を動かし、壁紙全部を離し、新しい壁紙を貼るの3点
家具を動かす、壁紙を剥がす、壁紙を貼る際は手伝うって事で職人さん1人。の時給?日当?
時間的に2〜3時間で特殊な壁紙を使わなければ、友情価格では1〜2万の間ってところでしょうか?
結局、現場を見て難易度も変わるそうですが、意外に安い?

しかし、クーラーなどは外したりすると別途料金とか、その後のクーラーの不具合が出ても知らないと言うお言葉。
まぁ、確かにそれも一理ある。
2万かけてリスクありと言う事に納得できず、

ネットでの情報の最終手段「ガンヂー」インキ消【ボールペン用】 No.800の購入に踏み切りました。
これでダメならクーラーもちゃんとした業者に外してもらって、なんだかんだで5万円コース
高くついた息子の落書き。。。いや勉強。
これで何を得てくれたのだろうか?

 

1液・2液とあり1液を付属しているガラス棒でボールペンの落書きに塗ります。
液が伸びないので綿棒に変えてぬります。 続いて2液。 こちらは刷毛になっているので塗りやすいです。
2液をぬると見る見る消えました。 面白いほど。
でも、よく見るとボールペンのインクは消えましたが筆圧までは消えないのと築20年なので壁紙自体が黄ばんでいたので、ほんのりと分かる程度残りましたが、これもマイペットなんかで全体的に拭いたら、言われないと気が付かない程度となったと思います。

結論:かなり優秀でした。
他の洗剤ではほとんど歯が立たなかったボールペン落書きに対してこれだけの活躍。