コンチワ!コンチワ!コンチワ!
世界遺産(世界文化遺産)「二条城」観て感動した非日常のレシピの管理人”Mr.ゼットン”です。

今日は正月の恒例行事、地元のツレ男3人のクルマ旅でした。今日の行き先は京都。パワースポット「下鴨神社(賀茂御祖神社)」で初詣。 次に界遺産(世界文化遺産)「二条城」観て感動し、ランチに「らーめん 彦さく 」にて”塩ラーメン”を食べ、レトロ銭湯「栄盛湯」を堪能し、僕の知らない京都を旅してきました。 その後、大阪に戻って「名月」にて”鉄板焼き・お好み焼き”を食べてきました。

 

二条城

所在地: 〒604-8301 京都府京都市中京区二条城町541

 

二条城

二条城(にじょうじょう)は京都市中京区二条通堀川西入二条城町にある江戸時代に造営された日本の城である。京都市街の中にある平城で、後述する足利氏、織田氏、豊臣氏、徳川氏によるものがあるが、現在見られるものは徳川氏によるものである。また、後の近代において二条城は京都府の府庁や皇室の離宮として使用された。城内全体が国の史跡に指定されている他、二の丸御殿(6棟)が国宝に、22棟の建造物と二の丸御殿の障壁画計1016面が重要文化財に、二の丸御殿庭園が特別名勝に指定されている。さらに1994年(平成6年)にはユネスコの世界遺産(世界文化遺産)に「古都京都の文化財」として登録されている。

徳川家康の将軍宣下に伴う賀儀と、徳川慶喜の大政奉還が行われ、江戸幕府の始まりと終わりの場所でもある。また、後の近代においては大正天皇即位の儀式である大典の饗宴場として使用された場所となった。

 

下鴨神社(賀茂御祖神社)」への初詣が早く済んだので興味のあった二条城にも行って来ました!

二条城は江戸幕府を設立した徳川家康によって築かれたお城であり、京都の世界遺産にも登録されている京都の観光地の中でも人気の高い場所です。特に外国人観光客が非常に多い様に感じますね。
お城と言えば、天守閣のある光景を思い浮かべる人が多いかと思いますが二条城に天守閣はありません。

過去の火災によって全焼してしまったのです。
そのため天守閣のあるお城の姿を思い浮かべて訪れた人はがっかりするかもしれません。
しかし二条城には二の丸御殿と呼ばれる江戸時代の徳川家が最も繁栄していた時代を伝える立派な建物が残っており、現代の私達でも将軍の絶大な権力の大きさを肌で感じることができます。

二条城は徳川家康によって建設され、その目的は普段は江戸に住む家康が京都へ出掛けた際の京都の住まいとして建てられました。
豊臣家を滅ぼした大阪の陣の時には徳川側の作戦本部としても機能を果たし、家康以降の将軍が京都へ来た時にも二条城が宿泊場所として使用されています。

また二条城は京都の朝廷を監視する役目も担いました。
二条城は幕府による京都を支配するための支店として、二条城代と呼ばれる常に京都を監視する仕事を行う役職が設置されました。
家康による江戸幕府に刃向う者を取り締る巨大な建物として、二条城は京都に君臨していたのでした。

しかし幕末には徳川慶喜による大政奉還が正式に発表された場所となり、二条城は新政府に明け渡されたのでした。

二条城の敷地は京都御所(京都御苑は含まない場合)よりも大きいと言われていますので、家康の権力の大きさは天皇よりも大きいことを誇示しているかのようです。

今まで見て来たどのお城よりも建物の造りや装飾などは二条城のほうがインパクトを感じました。

見る価値あり!
また来ます(≧∀≦)

 

 

旅はつづく!
to be continued→

 

 

旅をすること・・・人と出会うこと・・・
歴史を知ること・・・は
その後自分自身に必ずおとずれる
正しい選択の為の訓練です。

美しいモノをより美しく観る為に・・・
敬愛する人をより尊敬できるように・・・
大切な時間をより大切にすごす為に・・・

そして人生をより感動できるように・・・

人は旅に出ます。

【 Life On The Road (ライフ オン ザ ロード)】