アップル、電池劣化 iPhoneの低速化で説明不足を謝罪。バッテリー交換の大幅値下げとiOS改良で対処

アップルのステートメント

アップルは12月28日付けで「A Message to Our Customers about iPhone Batteries and Performance」と題した文書を公開しました。

まず、バッテリーが劣化した iPhoneの電源管理と、その処理についての伝え方について、一部のユーザーがアップルに対して失望を感じていることは把握しています、申し訳ありませんと謝罪したうえで、一部の誤解を解くために問題の説明と、今後の対策について明らかにする内容です。

バッテリーの劣化と電源管理については、すでに述べたようにシャットダウンの頻発で使えないことを避けるためと詳しく説明したうえで、独立したサポート文書「iPhone のバッテリーとパフォーマンス」を案内。バッテリーの化学的経年劣化について詳細と、iOS が具体的にどの部分を制御しているか、どこに影響があるかも説明しています。

そちらによると、電源管理による低速化は必要な場合に瞬間的なピーク負荷を抑えるものとして、影響の例はスクロールが遅くなる、アプリ起動が遅くなる、一部のアプリでフレームレート(書き換え頻度)が落ちる他、カメラのフラッシュがつかなくなる、スピーカーの音量が下がる、アプリが起動中に再読込される(バックグラウンド更新が切れているため)などを挙げています

一方、電源管理の影響を受けない機能の例は、通話品質や通信速度、写真や動画の画質、位置情報精度、Apple Pay など。

バッテリー交換値下げと今後の対策

アップルはさらに、バッテリーが経年劣化したiPhoneを使い続けているユーザーに対して、バッテリー交換費用の値下げも実施します。

現状、保証外のバッテリー交換費用は一律に79ドル(8800円)であるところ、2018年1月後半から 29ドルに改定します。期間は2018年の12月まで。

現状で国内向けの新価格は出ていませんが、29ドルをそのまま換算すれば約3200円~3300円程度。

対象は「iPhone 6以降でバッテリー交換の必要がある場合」。詳しい条件等は今後のアップルのウェブサイトに掲載されます。

加えて、2018年の早い時期の iOS アップデートでは、バッテリーが経年劣化しているか、性能に影響を与えているかをユーザーに表示する改良も追加予定。バッテリーの劣化と制限が原因で遅いのか、そうでないのか把握できるようになります。

このほか、性能を管理してシステム保護のための不意の電源断を防ぐべく、改良を続けるとしています。

更新: 国内での価格は3200円。アップルは当初、交換対応は2018年1月の後半からとしていましたが、前倒しですでに提供が始まっています。ただし、当初はバッテリーの供給に限りがあり、すぐに交換を受けられない場合があるとのこと。