コンチワ!コンチワ!コンチワ!
「HONDA ハンターカブCT110」の到着を待ちながら妄想にふける”Mr.ゼットン”です。

「箱はバイクのすべてのデザインを台無しにする!」名言ですねw.
僕は昔から「箱積むくらいならバイクに乗らないほうがいい」と考えていました。
僕のバイクの美学はバイクのデザイナーが描いたデザイン画こそが最高にカッコいいと思うんですよ。
そのデザイン画に保安部品もなければナンバープレートも付いていません。
ただただ、カッコいいだけを追求しています。
しかし、実際に市販を目的にされ走ることを考えられ、モーターショーなどに出された時には魅力は少し失われた状態で出展され、人気がつくと数年後、市販されてしまうのですが、そのバイクには規制と言う名のオモリを背負わさし美学とはほど遠い存在となります。
それを購入すると出来るだけ社外品で軽量化と保安部品を縮小化して車高を下げる事で美学が取り戻されていくかんじでしょうか。
足して足してのカスタムより引いて引いてのカスタムを好みます。

CT110を手に入れる事となり走らせる方向性みたいなものを考えました。
標準装備されたやたらとデカイキャリアが非常に気になります。
荷物を載せているならありですが、荷物も載せていないのにあのデカイキャリアがカッコよさのバランスを崩しています。
どうするか?

ネットを検索したら多くの方がボックスを積まれているんですね(苦笑)
メーカーが背負わされた以上のオモリを自ら背負う必要あるんでしょうか?w
積載性を増やして居住性や操作性や細かいことを言うと経済性(燃費)を捨てる必要がどこにあるのか?

海外でCTを検索したらボックスを積んでいる人って少ないんですよ。
荷物を大量に積んでいたとしても。。。

僕が荷物を積むとしても2〜3日のキャンプくらいでしょうから箱は必要としないですね。
「箱積むくらいならでかいリュックを背負ったほうがいい。」に考え方を変えました。
しかし、他のバイクに荷物を積むことはありませんね。

大型のリュックを探すことにします。
背負うも良しキャリアに積むも良しのバッグを探してみます。

 

 

ドイツ軍タイプ 75Lリュックサック

  • 状態:新品
  • 素材:ナイロン(内側ラバーコーティング)
  • 容量:75L
  • 全体サイズ:縦70cm × 横30cm × マチ20cm
  • サイドポケット:縦23cm × 横10cm × マチ6cm

 

 

ドイツ軍タイプ 35Lリュックサック

 

サイバトロン バックパック 3Day 大容量 軍用 Molle対応 タクティカル ウォータープルーフ アウトドアデイパック

  • 防水 900D(ジッパーは防水性能なし)
  • 外形寸法:20″(H) x 12″(W) x6″(D)
  • Molle仕様

 

 

 

 

旅をすること・・・人と出会うこと・・・
歴史を知ること・・・は
その後自分自身に必ずおとずれる
正しい選択の為の訓練です。

美しいモノをより美しく観る為に・・・
敬愛する人をより尊敬できるように・・・
大切な時間をより大切にすごす為に・・・

そして人生をより感動できるように・・・

人は旅に出ます。

【 Life On The Road (ライフ オン ザ ロード】