コンチワ!コンチワ!コンチワ!
念願の蒜山でジンギスカンを食べれて大満足の”Mr.ゼットン”です。

蒜山高原

標高500 mから600 m程度の高原地帯であり、西日本を代表するリゾート地の一つである(関西(中国)地区の軽井沢とも呼ばれる)。また、日本有数の飼育数を誇るジャージー牛の牧場もある[1]。週末やシーズンには京阪神・中国地方・四国地方方面からの観光客で大変賑わう。一帯は1936年2月1日に大山国立公園(現在の大山隠岐国立公園)に指定されている。

蒜山高原は、東西20 km、南北10 kmのなだらかな高原であり、成り立ちは、約100万年前の活発な火山活動により蒜山三座と呼ばれる山々が誕生し、そのため日本海に向かう川の流れが北から西に変わり、その後約35万年前の大山を中心とした噴火により西に向いた流れがせき止められ古蒜山原湖(こひるぜんばらこ)が誕生し、その後、大山を中心とする噴火活動により湖面の水が南に流れだし更新世中期の後半に干上がってできたものである。[2]

大変風光明媚な場所だが、かつては軍用地(昭和初期の陸軍の射爆演習場)であった。

天候がよければ、北北西の方角に中国地方一の標高を持つ名峰、大山を見ることが出来る。

 

蒜山酪農農協ひるぜんジャージーランド

所在地: 〒717-0501 岡山県真庭市蒜山中福田956−222

電話: 0867-66-7011

ジャージー乳製品で全国区の「蒜山酪農農業協同組合」直営のレジャー施設。 建物の奥には、三座を望む放牧エリアが広がっていて、のんびりと草をつまむジャージー牛たちとのふれあいタイムを満喫。

 

蒜山高原名物「ひるぜん大将」にて”ジンギスカン”を腹一杯に食べて大満足の4人は腹ごなしに蒜山高原へと移動しました。
日は照ってるけど然程暑さを感じずいい風が吹いていて過ごしやすかったです。

蒜山高原にいる、おでこにハートマークが入ったジャージー牛。その名も“ラブリーちゃん”を見に牧場へ行った後
ひるぜんジャージーランドでソフトクリームを食べて温泉へと向かいました。

 

 

 

旅をすること・・・人と出会うこと・・・
歴史を知ること・・・は
その後自分自身に必ずおとずれる
正しい選択の為の訓練です。

美しいモノをより美しく観る為に・・・
敬愛する人をより尊敬できるように・・・
大切な時間をより大切にすごす為に・・・

そして人生をより感動できるように・・・

人は旅に出ます。

【 Life On The Road (ライフ オン ザ ロード】