コンチワ!コンチワ!コンチワ!
戦国のロマンを求めて!関ヶ原にやってきました!”Mr.ゼットン”です。

関ヶ原古戦場

所在地: 〒503-1500 岐阜県不破郡関ケ原町

電話: 0584-43-1600

田園地帯に位置し、関ケ原合戦において激戦が行われたといわれる古戦場。石碑や、徳川家と石田家の家紋入りの旗が立ち、休憩所も備える。

関ヶ原の戦いはなぜおきたのか?

1590年(天正18年)、小田原征伐にて北条一族を制したことで天下統一を成し遂げ、豊臣秀吉は名実ともに天下人に。
諸大名たちは秀吉の元、戦を止め天下泰平を誓い合いますが、豊臣一門の内部には後継ぎ問題や家臣同士の対立など、不穏な空気が漂っていました。

秀吉は軍事・文治の両面から天下統一を推し進めており、加藤清正や福島正則など戦で武功を立てた武断派家臣と、検地や兵站など内政面で力を尽くした石田三成らとの間で軋轢が生じていたのです。
さらに秀吉は実子秀頼に跡目を継がせたいがために、一度は養子にした甥の秀俊(後の小早川秀秋)を小早川へ養子に出したり、有力大名たちに秀頼への忠誠を誓わせたりと、秀頼を思うがゆえの行動に家臣たちは翻弄されていきます。
1598年9月に秀吉が亡くなると、豊臣内部の分裂は避けられない状態に。
秀吉の遺志を継いで秀頼を盛り立て豊臣の存続に奔走する石田三成と、三成に反発する武断派の家臣たち。
そこに入り込んだのが、静かに天下取りを狙う徳川家康でした。

家康は豊臣内部の不協和音を巧みに利用して豊臣の家臣たちを取り込み、力をつけていきます。
豊臣を守るため、家康と対峙することを決めた三成は毛利、宇喜多、上杉と共に西国大名をまとめて挙兵。
一方の徳川東軍には家康の忠臣の他に福島正則や加藤清正などの名前も。
秀吉没後間を開けずして東西分かれての対峙が始まりました。

 

石田三成と徳川家康は巧みに動きながら、東西どちらに着くか思案していた大名たちを取り込み、東軍およそ7万、西軍8万。
三成の当初の計画は、伊勢・美濃(現在の三重県・岐阜県付近)を押さえて岐阜城を拠点に尾張(現在の愛知県周辺)あたりで家康を迎え討ち、その背後を上杉軍が取って挟み撃ちにする、というものだったようです。
しかし家康の動きは素早く、三成が足元を固めるより先に岐阜城は東軍の手に落ちてしまいます。
勢いに乗る東軍はそのまま進軍。
伊勢と美濃周辺の城を次々落とし、大坂城を目指して突き進みます。

戦の場において、総大将の存在というものは常に兵たちの士気を高め、時として勝敗に大きな影響を及ぼします。
石田三成は大坂城から外に出ない豊臣秀頼や、西軍の総大将である毛利輝元の出馬を求めていましたが、秀頼の母・淀殿の反対などの理由から、どちらも果たされることはありませんでした。

こうして東軍・西軍は互いの動きを読みながらじわじわと駒を進め、東方から続く中山道と伊勢街道、西方から伸びる北国街道が交差する関ヶ原に集結。
1600年(慶長5年)9月15日、天下分け目の決戦の幕が切って落とされました。

 

わずか一日で終わった”天下分け目の大戦”

勢いは東軍にあるとはいえ兵の数は西軍が上回っていましたし、東軍の武将たちより地形に精通しているという利点も。
さらに宇喜多、毛利、上杉といった有力大名が名を連ねていましたので、西軍の勝利との見方が強かったようです。

三成はいち早く家康の動きを察知し、一足早く関ヶ原に入っていました。
関ケ原は街道辻を除けば山々に囲まれた窪地。
西軍は関ヶ原をぐるりと囲む山々の高所に次々と陣をはり、中山道を進んできた東軍を包囲する陣形。
北側の笹尾山に三成の陣、正面の天満山には宇喜多秀家や小西行長などが陣取り、東側の南宮山に毛利秀元の大軍が控え、東軍を迎え撃つ準備は万端。
南側の松尾山には小早川秀秋1万5千の軍勢が構えていました。

西軍有利と思われた陣形でしたが、それも各陣営同士の連携があってこそ。
南宮山の毛利軍は東軍の軍勢に阻まれ動くことができず、他の軍もうまく立ち回れず孤立しがちだったようです。
それを予見していたかのように、東軍は関ヶ原のかなり深い西側の位置まで駒を進めて陣取ります。
そして同日昼過ぎ、勝敗を分ける決定的な出来事が。
片翼を担うべく南側の松尾山にいた小早川秀秋が東軍に寝返り、さらに脇坂安治、小川祐忠といった部隊も小早川軍に続き離反。
西軍の主力部隊を翻弄します。
小早川秀秋は家康と通じていたのです。

この日の午後2時頃にはもう、東軍の勝利は決定的なものとなっていました。
多くの大名がその場で討ち取られ、あるいは自刃し、運よく敗走した武将も後に領地を取られ切腹を言い渡されるなど、西軍は壊滅状態。
家康は逆により一層勢力を拡大。
徳川政権の基礎がここに確立したのです。

 

「関東」「関西」という呼び方の元になったのは”関ヶ原”だと言われるほど重要な場所と考えられている関ヶ原。
「古戦場」と一口に言っても、15万もの軍勢が睨み合い戦った場所です。
ゆかりの地を巡るにしても相当広範囲になります。
それに、それぞれ何か目立つ建物が建っているわけではなく、ありていに言ってしまえば「ここが○○の陣があった場所」という石碑が建っている程度。
効率よく見学するためにも、情報収集は欠かせません。
まず、役場近くにある「関ケ原町歴史民俗資料館」で地図を入手し、展示物を見て、戦の様子を学んでから古戦場を巡るのがオススメです。

常設されている6曲1隻の「関ケ原合戦図屏風」は1854年に描かれたもの。
関ケ原の様子を描いた屏風は全国に10数点あるそうですが、描かれた時代や描いた人によって、絵の内容にも若干の違いがあるのだそうです。

館内には、1600年の関ヶ原の戦いだけでなく、さらに1000年近く昔にこの地で起きた「壬申の乱(じんしんのらん)」についてのコーナーや、さらに古い時代の土器や石器などの出土品から近代の様子まで、関ケ原そのものの歴史を知ることができる構成となっていて見ごたえ抜群。
史跡巡りのオススメウォーキングコースなども紹介されているので、旅のプランを立てるためにも是非立ち寄ってみてください。

 

 

旅をすること・・・人と出会うこと・・・
歴史を知ること・・・は
その後自分自身に必ずおとずれる
正しい選択の為の訓練です。

美しいモノをより美しく観る為に・・・
敬愛する人をより尊敬できるように・・・
大切な時間をより大切にすごす為に・・・

そして人生をより感動できるように・・・

人は旅に出ます。

【 Life On The Road (ライフ オン ザ ロード】