コンチワ!コンチワ!コンチワ!
約1000年の歴史を持つ(世界文化遺産)平等院鳳凰堂に行ってきました”Mr.ゼットン”です。

平等院鳳凰堂

平等院(びょうどういん)は、京都府宇治市にある藤原氏ゆかりの寺院。平安時代後期・11世紀の建築、仏像、絵画、庭園などを今日に伝え、「古都京都の文化財」として世界遺産に登録されている。山号を朝日山と称する。宗派は17世紀以来天台宗と浄土宗を兼ね、現在は特定の宗派に属さない単立の仏教寺院となっている。本尊は阿弥陀如来、開基は藤原頼通、開山は明尊である。

浄土式庭園と鳳凰堂
京都南郊の宇治の地は、『源氏物語』の「宇治十帖」の舞台であり、平安時代初期から貴族の別荘が営まれていた。現在の平等院の地は、9世紀末頃、光源氏のモデルともいわれる左大臣で嵯峨源氏の源融が営んだ別荘だったものが宇多天皇に渡り、天皇の孫である源重信を経て長徳4年(998年)、摂政藤原道長の別荘「宇治殿」となったものである。道長は万寿4年(1027年)に没し、その子の関白・藤原頼通は永承7年(1052年)、宇治殿を寺院に改めた。これが平等院の始まりである。開山(初代執印)は小野道風の孫にあたり、園城寺長吏を務めた明尊である。創建時の本堂は、鳳凰堂の北方、宇治川の岸辺近くにあり大日如来を本尊としていた。翌天喜元年(1053年)には、西方極楽浄土をこの世に出現させたような阿弥陀堂(現・鳳凰堂)が建立された。(ウィキペディア引用)

 

午前早めに行ったので、それほどの混雑はありませんでしたが、内部観覧を終えた頃には入り口付近にたくさんの人がいました。学生の頃の遠足で訪れて以来ですね。 外装工事が終わり艶やかになったと聞いて、また来ることとなりました。改めて見ると言うのも悪くないと言うか正直歳をとってから見るほうがわかる気がします。

1053年に藤原頼道により建立された「鳳凰堂」が、10円玉のデザインに採用されていることで有名です。屋根の上の鳳凰や、阿弥陀如来坐像、その周りを囲むようにして架けられている雲中供養菩薩像など、多数の国宝を見ることができました。

どこから見ても美しいです。藤原氏の元別荘というだけあり、とても居心地の良い空間です。 時空を超えて、平安時代の優雅さを味わいました。



旅をすること・・・人と出会うこと・・・
歴史を知ること・・・は
その後自分自身に必ずおとずれる
正しい選択の為の訓練です。

美しいモノをより美しく観る為に・・・
敬愛する人をより尊敬できるように・・・
大切な時間をより大切にすごす為に・・・

そして人生をより感動できるように・・・

人は旅に出ます。

【 Life On The Road 】