京都の縁結び「貴布禰総本宮 貴船神社」に車旅に行ってきました。

貴船神社ってどんなところ?

貴船神社は京都府京都市左京区にある神社です(アクセスについては後述を参照)。この貴船神社は、全国に約450社ある貴船神社の総本社となっており、読み方は実は地域名である「きぶね」とはちがい、水の神様を祭っているところから「きふね」と読みます。

水の神様である高龗神をまつっており、古くからは祈雨の会様として信仰されてきました。そのため、水を取り扱う商売人からは高い人気を集めています。その水の信仰と、水は命の源でありながら、不浄のものを綺麗に洗い流してくれる浄化力のあるものであるとする考えから生まれた心願成就なども有名です。水の神が沈められているところは、気が生じる根源であると考えられたわけです。つまり、自分の体の不浄を取り除き、元気を取り戻すことが出来れば運気が開かれる、というところから心願成就の信仰が生まれたわけです。
また、水の神にもまつわる話として、航海安全を祈願するお寺としてもその名を知られています。玉依姫が船で水源を求めていた際に貴船にたどり着いたという伝説から生まれた信仰です。大阪湾から川を上り、無事に貴船に船を進めたその船さばきから船乗りたちの航海安全を祈願するというものです。その時に使われた船が隠されてると伝えられている奥院の船形石の小石を持つことで、航海を安全に終えることが出来るというように信じられています。
そして、前書きにも書きましたが、縁結びのお寺としても非常に有名なお寺となっています。通称「結社(ゆいのやしろ)」と呼ばれる中宮に磐長姫命(いわながひめのみこと)といわれる神様がまつられています。この神様が、自分のしたある行いを恥じ、「我長くここにありて縁結びの神として世のため人のために良縁を得させん」といってその地にお静まりになったという話がもとになって、その神様が縁結びの神様としてまつられているのです。そして、今から1000年前には和泉式部がそこに参拝し、名歌として知られる「蛍の歌」を奉納して恋を祈ったところ、その願いがかなえられたという逸話も残っています。おとぎ話の中でもこの神社にまつわるお話はよく見られるようです。

 

旅をすること・・・人と出会うこと・・・
歴史を知ること・・・は
その後自分自身に必ずおとずれる
正しい選択の為の訓練です。

美しいモノをより美しく観る為に・・・
敬愛する人をより尊敬できるように・・・
大切な時間をより大切にすごす為に・・・

そして人生をより感動できるように・・・

人は旅に出ます。

【 Life On The Road 】