パワースポット「総本山 鞍馬寺」に行ってきました。

京都の北にそびえる霊山です。
牛若丸に兵法を教えた鞍馬天狗の伝説は有名です。
鞍馬寺の門前は、鞍馬街道の宿場町の面影を残しています。
京都最大のパワースポットとしても知られています。

鞍馬寺は、いつ、だれが建てたの?

鞍馬寺は、宝亀元年(770)に、鑑禎(がんてい)が草庵を結び、毘沙門天(びしゃもんてん)を安置したのが始まりと伝えられます。

鑑禎は、唐から仏教を広めるために渡来した鑑真(がんじん)の最も年若い高弟でした。

その後、延暦15年(796)に、観世音菩薩(かんぜおんぼさつ)を信仰する藤原伊勢人が千手観音(せんじゅかんのん)像を造り、毘沙門天とともに小堂に安置しました。これを、鞍馬寺の始まりとすることもできます。

伊勢人はお告げを受けて白馬を追い、鞍馬山で毘沙門天を祀る小堂を見つけたと言われます。
その夜、伊勢人は霊夢を見て「毘沙門天と観世音菩薩は名前がちがうだけで、もとは一体である」と、教えられました。
それで、千手観音と毘沙門天をいっしょに安置したのです。
9世紀末頃は真言宗の寺でしたが、12世紀頃から天台宗の寺となり、青蓮院の支配下におかれました。
平安時代後期には、天皇家や藤原家から信仰されて栄えました。
清少納言も「枕草子(まくらのそうし)」の中で、「近うて遠きもの」に「くらまの九十九(つづら)折りといふ道」と書いています。
鞍馬寺は昭和24年(1949)に天台宗から独立し、鞍馬弘教総本山となりました。
鞍馬寺は何回も火災にあって焼失し、再建修復をくり返しました。そのため、比較的、社殿が新しいのです。

鞍馬寺の本尊は金星人?

鞍馬寺の本尊は「尊天」と呼ばれます。

尊天は、毘沙門天・千手観音・護法魔王尊の三身が一体となったものです。
三身は「太陽・月・地球」「光・愛・力」を象徴しています。
尊天は「すべての生命を生かし存在させる宇宙のエネルギー」だそうです。
さて、この護法魔王尊は、650万年前、金星から地球に飛来した「サナト・クマラ」と言われます。
護法魔王尊は、地球の悪魔を退治するために飛来したそうです。
地球の人間とは異なる元素で身体ができているので、「16歳から年をとらない」と言われています。
鞍馬山は霊力の強い山で、古代から山岳信仰が盛んでした。
鞍馬山には山の精霊である大天狗が棲むと言われます。その大天狗は、「僧正坊」と呼ばれ、天狗の中でも最高位をしめます。
護法魔王尊は秘仏ですが、60年に1度丙寅(ひのえとら)年に公開されます。その尊像は、背中に羽があり、鼻が高い仙人のような姿です。
多宝塔に安置されている護法魔王尊も天狗のような姿です。
鞍馬山の大天狗僧正坊(鞍馬天狗)は、護法魔王尊だったと考えられますね。
ただ、16歳にしては、少し年をとりすぎているようですが・・・。

旅をすること・・・人と出会うこと・・・
歴史を知ること・・・は
その後自分自身に必ずおとずれる
正しい選択の為の訓練です。

美しいモノをより美しく観る為に・・・
敬愛する人をより尊敬できるように・・・
大切な時間をより大切にすごす為に・・・

そして人生をより感動できるように・・・

人は旅に出ます。

【 Life On The Road 】