十津川村「谷瀬の吊り橋」にて日本一の長さを誇る鉄線の吊り橋に車旅してきました。

 

昨年の12月より2度予定をたてるも実現しなかった”川湯仙人風呂”への旅の話しが今週に入り、再度持ち上がりました。
サービス業の地元のツレはほぼ平日にしか休みが取れないので遊ぶとなると必然的に平日に休みをとらなければならないが幸い、先週の土日に韓国出張に行ったので今週1日だけ休みをとろうと画策し地元のツレと”川湯仙人風呂”へと行くこととなりました。
8時過ぎにクルマで迎えに来てもらい内環状線を走ってコンビニで朝食をとると後はノンストップで
日本一長い吊橋”谷瀬の吊り橋”(たにぜのつりばし)まで来ると小休止をとるため駐車場に車をとめるとスリル満天!空中散歩「谷瀬つり橋」 日本有数の長さを誇る鉄線のつり橋渡ってみました。
橋の距離が長いのでよく揺れてくれます(≧∇≦)

渡った後は橋の麓にある茶店で名物の串こんにゃくを食べお茶を飲むと”川湯仙人風呂”へと向かいました。

※谷瀬の吊り橋は、1954年(昭和29年)に住民が出資(一戸当たり20万~30万円という当時としては大金)して建設された、住民にとっては欠かすことの出来ない生活のための吊り橋です。

清澄な熊野川(十津川)に架かる長さ約297メートル高さ54メートルと人々の生活にはなくてはならない実用性のあるの吊り橋としては日本一の長さを誇る鉄線の吊り橋です。

旅をすること・・・人と出会うこと・・・
歴史を知ること・・・は
その後自分自身に必ずおとずれる
正しい選択の為の訓練です。

美しいモノをより美しく観る為に・・・
敬愛する人をより尊敬できるように・・・
大切な時間をより大切にすごす為に・・・

そして人生をより感動できるように・・・

人は旅に出ます。

【 Life On The Road 】