コンチワ!コンチワ!コンチワ!
今日は日帰りで和歌山まで「川湯温泉 仙人風呂」と呼ばれる日本一広い混浴露天風呂に入ってきました”Mr.ゼットン”です。

 

和歌山では混浴露天風呂の川湯温泉 仙人風呂が気になる!

川湯温泉 仙人風呂は日本一広い混浴露天風呂で話題の温泉

名前の通り、川が流れる川原を掘れば温泉が湧き出てくるという、まさに「川湯」です。そのため、大塔川の川原では自分の好きな場所を掘ってみると温泉が湧き出てきますので、自分だけのオリジナル露天風呂を作ることができるという珍しい温泉スポットです。

更にもうひとつ、川湯温泉を代表する有名スポット「仙人風呂」と呼ばれる日本一広いと言われている露天風呂があります。

しかも、「仙人風呂」は冬の間しか入ることができないという冬季限定の温泉で、入浴料も無料で入ることができるオススメの日帰り温泉スポットです。

 

混浴露天風呂でおすすめの川湯温泉 仙人風呂はどんな温泉

熊野川支流の大塔川にあり、川原を掘ればたちどころに“My 露天風呂”ができることで全国でも有名な珍しい温泉が川湯温泉。夏は清流で川遊びを楽しみ、例年冬(12月~2 月)には川を一部せきとめ日本一大きな露天風呂「仙人風呂」がオープンします。

仙人風呂. 「川底を掘ればたちどころにお湯が湧く!」 大塔川をせきとめた野趣あふれる大露天風呂です! 自然の恵みを相手にして … 川底から湧いている73度の源泉に、 大塔川の清流を引き入れて40度前後に調整します。

 

 

混浴露天風呂がウリの川湯温泉 仙人風呂

川原の一部を大きくせき止めて作られた広大な「仙人風呂」では、360度どの方向を眺めても最高の開放感と大自然の中で入浴できる爽快感で本当の贅沢な時間を過ごすことができます。

「仙人風呂」は、無料で入浴することができ、混浴の露天風呂になっていますが、訪れる方々は水着を着たりして入浴されてる方が多いので、恥ずかしさもなく温泉を楽しむことができるのも嬉しいポイントです。

 

無料の駐車場に車を止めて男性・女性共に専用の簡易更衣室で服を脱ぎタオル一枚の状態に急いで仙人風呂を目指します。 気温も低く体を丸めながら小走りに温泉に着くと誰もいないw

日本一広い混浴の露天風呂を楽しみにきたはずなのに川湯仙人風呂を男2人で貸切w

はじめ間違っているのかと思いましたが川から湯気が上がる不思議な光景に恐る恐る足をつけてみると温かいw

思い切って入ってみると冷え切った体には熱い。 徐々に慣れるかと思いきや、よくよく考えるといつもは多くの人が入って気持ちの良い温度と言うことなんで、人が少ないって言う事は湯の温度が冷めないので想像以上に熱いw

広い温泉を歩こうにも石が足のツボを押して痛いw なんとか川の水と温泉がまじ合わせられた気持ちの良い温度の場所を見つけれたので一安心。 湯に浸かっている間は気持ちの良いものの、肌を空気に当てると寒いのでカンカンに温まってから川湯仙人風呂を後にしました。

大自然の中気持ちの良いお湯でした。

 

 

川湯温泉仙人風呂の情報

名称:川湯温泉 仙人風呂
英語表記:KAWAYUONSEN SENNINFURO
所在地: 〒647-1717 和歌山県田辺市本宮町川湯
電話: 0735-42-0735※熊野本宮観光協会
川湯温泉は、和歌山県田辺市本宮町にある温泉。 ウィキペディア

 

 

 

 

旅をすること・・・人と出会うこと・・・
歴史を知ること・・・は
その後自分自身に必ずおとずれる
正しい選択の為の訓練です。

美しいモノをより美しく観る為に・・・
敬愛する人をより尊敬できるように・・・
大切な時間をより大切にすごす為に・・・

そして人生をより感動できるように・・・

人は旅に出ます。

【 Life On The Road 】