鳥羽湾に浮かぶ歴史の島「答志島」に行ってきました。

伊勢神宮からフェリーの最終の時間を確認したところ18時50分との事。
丁度1時間前と言う事で小走りで車に戻り日の暮れた田舎道を車を飛ばして佐田浜港に30分前に到着。
嫁にフェリーのチケットを買いに走ってもらっている間に車を駐車場に止めフェリーターミナルで最終のフェリーを待つ事に
30人ほどの方がフェリーを待っていましたがどうも観光客臭のする人は居ませんでした。
たぶん皆さん島民の方でしょうね。
時刻通りに18時50分の最終フェリーに乗って約30分弱かかって答志島へやって来ました!
この時期は19時半ともなると辺りは真っ暗。
宿の方がお迎えに来てくれており車に乗り込む事に。
フェリー乗り場の周りにも灯りの灯っている建物も少なく宿に向かう道にも街灯も少なく暗いが印象でした。
その足で宿にチェックインして30分後に食事と言う事もあり先に温泉に入ったりしているとバタバタする事もあり食事の後のお楽しみと言う事にしました。

 

※答志島は、鳥羽港の北東約2.5キロにあります。島の80%は自然林に占められており、県の天然記念物に指定されている「ヤマトタチバナ」の原木も生えています。

 

旅をすること・・・人と出会うこと・・・
歴史を知ること・・・は
その後自分自身に必ずおとずれる
正しい選択の為の訓練です。

美しいモノをより美しく観る為に・・・
敬愛する人をより尊敬できるように・・・
大切な時間をより大切にすごす為に・・・

そして人生をより感動できるように・・・

人は旅に出ます。

【 Life On The Road 】