「伊勢神宮”」に車旅してきました。

伊勢神宮(いせじんぐう)は、三重県伊勢市にある神社。なお「伊勢神宮」とは通称であり、正式名称は地名の付かない「神宮」(じんぐう)[注釈 1]。他の神宮と区別するため「伊勢の神宮」と呼ぶこともあり[1]、親しみを込めて「お伊勢さん」「大神宮さん」とも称される[2]。神社本庁の本宗(ほんそう)である。

二十二社(上七社)の一社。また、神階が授与されたことのない神社の一社[注釈 2]。古代においては宇佐神宮[3]、中世においては石清水八幡宮と共に二所宗廟の1つとされた[4]。明治時代から戦前までの近代社格制度においては、すべての神社の上に位置する神社として社格の対象外とされた。(ウィキペディア引用)

 

せっかく伊勢神宮に参拝するのであれば、正しいルールと正しい順番で周り、しっかり御利益を得たいものです。

伊勢神宮参拝で厄払いしたい!
伊勢神宮に参拝して厄払いしたいという方のために、伊勢神宮でのご祈祷についてみていきたいと思います。
ご祈祷は、外宮または内宮の神楽殿で、午前8時30分から午後4時まで申し込みを受け付けています。
直接出向いて申し込みをしますので、事前に予約する必要はありません(つまり予約はできません)。

ご祈祷のための持ち物は特にないですし、服装も決まってはいないみたいですよ。
そうはいっても、とんでもない服装で訪れるわけにもいかないでしょうから、個々の常識の範囲内ですかね。。。

伊勢神宮のご祈祷には、「御饌(みけ)」と「大々神楽(だいだいかぐら)」の2種類があります。

御饌は、いわゆる一般的なご祈祷ですね。
流れはこんな感じです。

1、お祓いが行われます。
2、御神札と神饌が供えられます。
3、祝詞が御神前に奏上されます。
4、お供えが下げられます。
5、御饌の儀、終了。

所要時間は15分程度です。

パワースポットとしても有名な伊勢神宮。

今日は息子の3歳の厄払いに来ました。
神主さんに息子の名前を呼ばれた時に涙が出そうになりました。

 

 

旅をすること・・・人と出会うこと・・・
歴史を知ること・・・は
その後自分自身に必ずおとずれる
正しい選択の為の訓練です。

美しいモノをより美しく観る為に・・・
敬愛する人をより尊敬できるように・・・
大切な時間をより大切にすごす為に・・・

そして人生をより感動できるように・・・

人は旅に出ます。

【 Life On The Road 】