コンチワ!コンチワ!コンチワ!
VANSON × nano・universeのライダースを購入した”Mr.ゼットン”です。

 

vanson Leathers  (バンソン レザーズ)の歴史

1974年 ボストン大学で経営学を学んだ当時22歳のMichael Van De sleesenがマサチューセッツ州の首都ボストンで設立。
当初、社名は彼の名を略したVanson Associates Inc (バンソン・アソシエイツ)だった。

設立者のMichael Van De sleesenは、自宅をオフィスにし、ミシンとタイプライターのみでスタートする。
最新の技術を積極的に取り入れ、品質にとことんこだわったレザーウェアは地元ボストンのレースシーンを中心に徐々に浸透していく。

しかしながらその後1978年のオイルショック、1980年初頭からの不況の影響を受けて業績は悪化。1983年、Vanson Associates Inc は倒産。

しかし1984年、工場をマサチューセッツ州サザンランドへと移し、フレッドワイズ氏によって「Vanson Leathers」として復活を遂げ、1980年代後半 同州クインシーに工場を移転させ、現在に至る。

その後、モーターサイクルのレザージャケット市場に進出し、バンソンは市場を拡大する。
日本・ヨーロッパからの需要が高まり、アメリカ最大のモーターサイクルレザーのメーカーの一つとして地位を確立させる。

バンソン社が創業以来、守り続けているのが自社工場の熟練した職人達によるハンドメイドによる生産。延べ150人のスタッフが在籍しており、職人の経験は平均して8年以上。
ジャケットを生産する上で最もシンプルなもので49段階、複雑なもので126段階の工程に分かれる。それぞれの部署で、職人による作業が行われ、そして、新しいスタッフの教育が行われている。

技術を次に引き継ぐ姿勢と、高いレベルでの縫製技術が最高級のレザージャケットを作り出している。

 

vanson Leathers  (バンソン レザーズ)× nano・universe(ナノユニバース)のコラボ商品

VANSON (ヴァンソン)

【商品詳細】

素材:表地: 牛革, 裏地: 綿
サイズ:34、36、38

 


素材、加工、パーツ、細部にわたりこだわり抜いた別注ダブルライダース
皮革に※1)ディアタンド加工を施した最上級の※2)グレインレザーを使用し、丈夫かつしなやかな着心地に仕上げたダブルライダース。 ファスナーテープはビンテージライダースに見られるベージュ系の配色を採用し、アーカイブに忠実ながら一見して他と差がでるデザインに。 また裏地にはバイヤー自らがアメリカで見つけたデッドストックのミルスペック生地を採用し、素材、加工、パーツと細部にわたりこだわり抜いて仕上げました。

※1)ディアタンド(Deer Tanned)
オイルを十分含ませ鹿革のように滑らかな質感に仕上げる特殊な加工。

※2)グレインレザー(Grain Leather)
革の表面で一番外側の部分、体毛を取り除いただけの天然皮革です。 自然なまま、傷などを隠さず、鑢をかけたり磨いたり、スムースにしないものをいいます。 革の表面はいろいろな外的影響を受け、自然にできた傷があります。 切り傷の痕や完治した怪我、自然な革の質感など。 フルグレインレザーは最高品質の繊維組織からなっており、耐久性が高いのが特徴です。

VANSON
VANSONのジャケットは、自社工場の熟練した職人たちによるハンドメイドで生産されています。 生産する様々な工程において、それぞれ職人による作業が行われ、新たなスタッフの教育が行われています。 技術を次に引き継ぐ姿勢と、高いレベルでの縫製技術が最高級のレザージャケットを作りだしています。

 

 

 

旅をすること・・・人と出会うこと・・・
歴史を知ること・・・は
その後自分自身に必ずおとずれる
正しい選択の為の訓練です。

美しいモノをより美しく観る為に・・・
敬愛する人をより尊敬できるように・・・
大切な時間をより大切にすごす為に・・・

そして人生をより感動できるように・・・

人は旅に出ます。