通称9.11、21世紀という新たな世界の始まりに人々が歓喜していた最中の事件

これが世界にとって新たな恐怖、テロの幕開けとなりました。

8年前に爆破事件のあった世界貿易センタービルでの再びのテロ

アメリカン航空とユナイテッド航空の4便が同時間帯に乗っ取られ、
アメリカ国防総省本庁舎、世界貿易センタービル北塔、南塔、ペンシルヴァニア州のシャンクスヴィルにそれぞれ激突した
航空機乗客の生存者はゼロであった

このテロによる死者は3025人と、世界最大のテロ事件となった

犯行は当時オサマ・ビンラディンを筆頭とするテロ組織アルカイダではないかと言われている(アメリカは断定)

この報復として、アメリカはアフガニスタン紛争、イラク戦争を行った。

が、しかし真相はなぞのままです。