ハッカ油スプレーで虫除けと節電・節約も!簡単な作り方と使い方

ハッカ油(ミント)と100円均一スプレーでできる、クールな虫除け・夏バテ防止グッズの作り方を紹介します。家では蚊・ゴキブリ予防やエアコンいらずで節電になり、外では制汗・消臭効果を期待できます。

 

★ハッカ油とは?

ハーブの一種で、広義ではミントと同義語ですが、ニホンハッカのみをハッカと考えることも多いようです。そこから抽出した油がハッカ油。

メントールと呼ばれる清涼感の成分を含み、下のような性質により、薬品・歯磨き粉・お菓子・飴などによく利用されています。

  1. スーッと鼻をつく香り
  2. 肌に冷たさを感じさせる
  3. 昇華する時に気化熱を奪う

現在は薬局やネット通販などで、かなり安い値段で販売されています。Amazonの定期おトク便なら10%オフで買えます。私は税込・送料込み、456円で買いました。Amazonギフトを3〜5%オフで買う方法(下参照)も使いましたよ。

★ハッカ油の効能(虫除け・制汗・節電・消臭など)

いろんなサイトでも紹介されていますが、僕が実際に使ってみて効果のあったものだけ挙げてみます。

  1. 肌につけるとかなりクールで涼しい。制汗効果
  2. 体につけて扇風機に当たると涼しい。エアコン電気代節約
  3. 汗のニオイなどの消臭効果
  4. 夏の生ゴミなどの消臭・虫除け
  5. 外出時の蚊などの虫除け
  6. 家の中の蚊・ゴキブリなどの虫除け
  7. お風呂や、化粧水に混ぜると爽快感(そうかいかん)
  8. 寝る前に枕につけると快眠。虫除けにもなる
  9. 花粉症などの鼻ムズを少しだけ解消
  10. 足の裏につけて靴下をはくと気持ち良い

僕お気に入りの使い方は、手・足・首などに1スプレーだけして”制汗・虫除け効果を得る方法”です。

後、特にキャンプ場などでは車の窓付近やテントに適当に1スプレーして主に蚊除け対策と、生ごみに1スプレーして消臭とコバエ除け対策として使っています。

 

 

★ハッカ油スプレーの作り方の簡単な作り方

ハッカ油と100円均一で売ってるスプレーボトルを用意するだけです。スプレーは化粧水用ではなく、必ず「霧吹き状」で噴出されるタイプのを選んでください。作り方は次の要領で。

 

  1. スプレーボトルに半分くらい水を入れる
  2. ボトルにハッカ油を、2〜5滴入れる
  3. よくふる

たったこれだけで完成です。スプレーボトルに半分だけしか入れない理由は、2〜4日で使いきれる量だけ作るのが良いからです。

ハッカ油は「油」なので、時間が経つと蒸発してしまいます。だから、あまり大量に作ってしまうと、1週間後には効果がほとんどなくなります。ボトルに半分くらいがちょうどいいと思います。

後、無水エタノールで作った方がよく混ざるようです。その場合は、エタノール:水は、1:9くらいでいいようです。