コンチワ!コンチワ!コンチワ!
イオンモール鶴見緑地「しゃぶ菜 イオンモール鶴見緑地店」」にてしゃぶしゃぶを腹いっぱい食べてきました”Mr.ゼットン”です。

しゃぶ菜 イオンモール鶴見緑地店

所在地: 〒538-0053 大阪府大阪市鶴見区鶴見4丁目17−1
電話: 06-6915-5986

しゃぶしゃぶの起源

しゃぶしゃぶは日本料理であるが、起源については諸説ある。

フビライ・ハーンの侍医である忽思慧の考案によるとされる北京の火鍋料理に「羊肉(シュワンヤンロウ、ピンイン:shuàn yáng ròu)」という羊肉でしゃぶしゃぶする料理がある。

1944年(昭和19年)に初代が廃業した京都の料理屋「十二段家」を1945年(昭和20年)9月に再興した二代目の西垣光温に、鳥取市出身で民芸運動の指導者であった吉田璋也が、戦時中に軍医として赴任していた北京の料理を伝え、西垣は、吉田の他、交流のあった柳宗悦や河井寛次郎らの助言を得て、羊肉を牛肉に替え、日本人に合うゴマダレを開発し、鍋を熱伝導の良い銅で作り、2年近く試行錯誤を重ねて、今日の形となったという。そして1947年(昭和22年)に「牛肉の水炊き」として売りに出され、新しい味は評判を呼び、さらに民芸運動に携わる人たちによっても、日本全国に広まっていった。

ただ、中国の鍋料理である火鍋に用いられる食材は、日本のしゃぶしゃぶのように、すぐに火が通るものばかりではなく、しばらく煮込む必要がある食材も多い。なお、吉田によるしゃぶしゃぶの原型「牛肉のすすぎ鍋」は、鳥取市のたくみ割烹で供されている。(ウィキより)

今週は韓国出張がないので比較的隙間隙間で時間があり昼から地元のツレを誘ってランチを食べに行きました。
しゃぶしゃぶやすき焼きが食べ放題のお店
でも、そんなに食えないです(≧∇≦)

 

旅をすること・・・人と出会うこと・・・
歴史を知ること・・・は
その後自分自身に必ずおとずれる
正しい選択の為の訓練です。

美しいモノをより美しく観る為に・・・
敬愛する人をより尊敬できるように・・・
大切な時間をより大切にすごす為に・・・

そして人生をより感動できるように・・・

人は旅に出ます。

【 Life On The Road 】