僕が思うMacBook Airは絶対に11inch派なその理由を改めてまとめようと思います。
(とりあえずはサブマシンとしての場合)

その1. 軽くて小さい
僕はとにかく毎日ノートパソコンを持ち歩く。
仕事先だろうと、旅先であろうと、飲みの席であろうと
結局のところ仕事とインターネットが直結しているだけに、パソコンがないと生きていけない。
一時期ipadで試した時期もありましたが、何かと不便さを感じたのですぐにやめました。
しかし、いつも持ち歩くモノの中にはNIKONの一眼レフカメラD3200とRICOH GR DIGITAL III や、その他の周辺機器となるともうできるだけ軽くてかさばらないと持ち歩きたくなくなる。

その2. 11inchでも普通に作業できる
普段、仕事中心で使っているメインマシンはiMac27inchにMITSUBISHIの24inchiのモニターを横に並べダブルモニター化したもの。
このマシンでイラレでデザインを触り、フォトショで画像を編集し、iMovieで動画を編集している。
それに比べて11inchの小ささを感じながらもガッチリデザインをと言う作業以外は、例えばデザイン修正であったりをこなす事はガンガン使えるので、この大きさの画面でのストレスは感じていない。
特に最近出来たのかミッションコントロールは実に便利で、慣れさえすれば画面の狭さはより気にならなくなった。

その3. バッテリは十二分
僕が今回購入したMacBook Air 11inchはバッテリ持続時間の公表値は9時間です。
これは使う人によるが僕の使用頻度で言うと最大9時間をバッテリーだけで作業する事はほぼないに等しい。
ただ、 iphoneを充電するために購入した大容量のバッテリーを所持はしているのでいざと言う時はとは思うが。。。
それでも十分だ。
今日はとりあえず、3つだけにしよう。
また近々付け加える。。。と思う。

macbook-air-13-inch-mid-2013

11インチMacBook Air
○11.6インチ(対角)LEDバックライト
ディスプレイ
○1.6GHzデュアルコアIntel Core i5、または2.2GHzデュアルコアIntel Core i7プロセッサ
Turbo Boost使用時最大3.2GHz
○最大9時間持続するバッテリー1
○最大512GBのフラッシュストレージ2
○1.08 kg3

旅をすること・・・人と出会うこと・・・
歴史を知ること・・・は
その後自分自身に必ずおとずれる
正しい選択の為の訓練です。

美しいモノをより美しく観る為に・・・
敬愛する人をより尊敬できるように・・・
大切な時間をより大切にすごす為に・・・

そして人生をより感動できるように・・・

人は旅に出ます。

【 Life On The Road 】