FOOD【京都・食べ歩き】京都を代表する老舗ラーメン店の1つ「新福菜館 本店 (しんぷくさいかん)」にて真っ黒いラーメンとチャーハンを食べてきました。 | Life on the road

EVENTS

コンチワ!コンチワ!コンチワ!
京都を代表する老舗ラーメン店の1つ「新福菜館 本店 (しんぷくさいかん)」にて真っ黒いラーメンとチャーハンを食べてきました”Mr.ゼットン”です。

新福菜館 本店

所在地: 〒600-8213 京都府京都市下京区東塩小路向畑町569

電話: 075-371-7648

 

京都ラーメンといえば、濃厚でコッテリしたスープが特徴。そんな京都ラーメンの老舗といわれる「新福菜館」では、インパクト大の真っ黒なスープのラーメンが楽しめるんです。しかもこちらのお店、京都ラーメンの原点となったお店としても大変有名なんです。

1938年(昭和13年)創業「新福菜館」戦前です。

はじめは屋台からのスタートし非常に歴史ある老舗のラーメン店なんです。 僕の知る限りでは一番古いお店です。

車の免許をとり車を購入した頃から地方のラーメンを食べに友達とよく出かけましたが「新福菜館」は何度もリピートし、京都ラーメンを語る上で決して外せない有名店なんです。今もなお圧倒的な人気を誇り、行列も絶えません。

店内はちょっと昭和な雰囲気を感じさせます。

「新福菜館」のラーメンは真っ黒な醤油ベースのスープです。具には京都ならではの九条ネギがたっぷり。薄切りのチャーシューが入っています。

このスープ、実は見た目ほどしょっぱい!というわけではないんです。むしろあっさりと楽しめます。鶏ガラと豚骨ベースの醤油スープはなんだかクセになる味。後を引く美味しさで絶品です!

麺は中太ストレート麺。まさに中華麺!という感じ。モチモチっとした歯ごたえが楽しめます。

「新福菜館」のもう一つのオススメは、この真っ黒な「ヤキメシ」です。ヤキメシも人気メニューの1つで「新福菜館」に行くと必ず注文しますw

こちらも、見た目ほど味が濃い…というわけではありません。しっかりとした醤油味は香ばしく、具材のしっかり濃い醤油味チャーシューをメインに卵の甘さを感じれ、玉ねぎ・ネギとも絶妙にマッチしています。

 

旅をすること・・・人と出会うこと・・・
歴史を知ること・・・は
その後自分自身に必ずおとずれる
正しい選択の為の訓練です。

美しいモノをより美しく観る為に・・・
敬愛する人をより尊敬できるように・・・
大切な時間をより大切にすごす為に・・・

そして人生をより感動できるように・・・

人は旅に出ます。

【 Life On The Road 】

タイトルとURLをコピーしました