★経済的

・宿泊費が不要です。
・車中泊コスト以外は費用が発生しないので、車中泊が可能な車さえあれば大変経済的です。
・浮いた分を旅行回数の増加や食事代、お土産代などに転嫁できます。
・車中泊コストとは、車中泊に必要となる費用発生を指します。
・電池代、虫除け代、専用寝具・ツール購入費の償却分等を含みますが、単位泊当たりでは安価です。
・大体、家にあるもので何とかなるので、無理に出費する必要は殆ど無いはずです。

 

★時間が自由

・車中泊先への到着時刻、就寝時刻、起床時刻、出発時刻、全てが自由。
・ホテルや旅館だと、食事時間や消灯時間などに縛られちゃうでしょ。
・宿泊施設の都合に縛られない、自分たちなりの時間割で行動できます。

 

★時間を有効活用出来る

・通常の宿泊だとチェックイン時刻があるので変な時間に宿泊施設に行けないですよね。
・車中泊にはそんな縛りは無し。
・例えば土・日の休日利用で一泊旅行の予定ならば、土曜朝ではなく、あえて前日の金曜夜から出発。
・目的地付近に到着後、現地で温泉でも入って、道の駅やPA/SAで車中泊。
・そうすれば、土曜の朝イチから現地でいきなり行動できるでしょ。2泊目は宿泊施設でゆっくり。
・もちろん、慣れてきたら二日目以降も車泊すれば大幅なコストダウン・時間節約に。

 

★時間を有効活用出来る

・適度な空間密度で過ごす楽しさがあります。
・特に男性は、車内について、小さい頃に憧れた「秘密基地」的な魅力を感じる人が多いそうです。
・ファミリーであれば、車内に家族が揃って会話や就寝起床するという非日常的な空気を楽しめます。