キャンプに行くときの必需品、持ち物一覧まとめ

■ 原則として車に積み込んで行くものをリストしました。
■ 忘れたもの、使い果したものは、随時現地で補充します。
■ 食料は現地で買うことにしているので、このリストには含まれていません。

★貴重品
■クレジットカード
■現金
■連絡リスト
■身分証明書
■健康保険書
■車検証

★必須アイテム
■フロントシェード・・・車内の温度調整だけでなく、遮蔽のためにも必要。吸盤式はすぐ劣化します。
■車内カーテン・・・遮光及び温度調整に便利。銀マットで代用可。
■懐中電灯・・・車内だけでなく、P周辺の状況確認も。夜間だし思わぬ所に溝や坂があって危険です。
■電池式ランタン・・・車内をやわらかく照らしてもらいます。明るすぎると外から丸見えになります。
■インバーター・・・車の電源ソケットから、家庭用電源を取れるようにする機器。少々コツが必要。
■サブバッテリ・・・ミニ扇風機、電気毛布、携帯電話・デジカメ充電等に使えて便利。扱いはやや面倒。
■虫除け・・・電池式、スプレー式等、季節に応じて。山間では夏以外でも虫が多いです。
■毛布・シェラフ・寝袋・・・暖かいシーズンでも山間では冷え込むことがあります。
■敷きマット(エアマット)・・・4~6枚に折り畳める薄手のものが便利。これにベッドパッド等を敷けば快適。
■バスタオル・・・体の保温、隙間埋め、枕代り、窓ガラスに掛けて遮蔽用等、色々使えます。
■ウエットティッシュ・・・小型を。手を拭いたついでに、普段掃除しない場所をサッと拭いて捨てましょう。
■紙コップ・・・飲料以外にも食品の取り分けに。外したアクセの保管や、コンタクト洗浄時にも使えます。
■クーラーボックス・・・生鮮土産購入時にも便利。サブバッテリを持参するか、バッテリ付を。場所を取ります。
■保温バッグ・・・畳めるものを。お茶等を入れて冷凍したペットボトルを、保冷剤代わりにどうぞ。
■ウォータージャグ・・・飲み水よりも手洗いや湧き水・温泉持ち帰り等で活躍。折り畳めるものが便利。
■冷凍飲料・・・保温バッグ内の冷却に。虫刺され・火傷・日焼け等、皮膚炎症時の症状緩和にも。
■濡れタオル・・・一つあると非常に便利。最後は雑巾にするつもりで古いタオルを選ぶと気が楽。
■救急セット・・・解熱薬、絆創膏、消毒液、ガーゼ等、ケース(釣り道具入れが便利)に入れて持参。
■ビニール袋・・・ゴミ袋だけでなく、濡れたもの・濡らせないものの保管や、雨具代わりにも。数サイズを。
■S字フック・・・ヘッドレストやバーに掛け、ビニ袋や携帯、懐中電灯、カメラなど身周り品を吊ります。

 

★車内で食事をする時にあったら便利
■割り箸・菜箸
■皿・コップ・スプーン・フォーク
■缶切
■カッターナイフ
■洗濯バサミ
■温度計
■針金

衣類・はきもの
■ウインドブレイカー
■レインコート
■ジャンパー
■パンツ
■セーター
■マフラー
■下着
■靴下
■長靴
■サンダル
■軍手

 

 

旅をすること・・・人と出会うこと・・・
歴史を知ること・・・は
その後自分自身に必ずおとずれる
正しい選択の為の訓練です。

美しいモノをより美しく観る為に・・・
敬愛する人をより尊敬できるように・・・
大切な時間をより大切にすごす為に・・・

そして人生をより感動できるように・・・

人は旅に出ます。

【 Life On The Road 】