コンチワ!コンチワ!コンチワ!
倉敷美観地区「創味魚菜 いわ倉 (そうみぎょさい いわくら)」にて美味い魚を食べてきました”Mr.ゼットン”です。

美観地区

江戸時代初期の寛永19年(1642年)、江戸幕府の天領に定められた際に倉敷代官所が当地区に設けられ、以来備中国南部の物資の集散地として発展した歴史を持つ。倉敷川の畔から鶴形山南側の街道一帯に白壁なまこ壁の屋敷や蔵が並び、天領時代の町並みをよく残している。1969年に倉敷市の条例に基づき美観地区に定められ、1979年(昭和54年)に県内2件目の重要伝統的建造物群保存地区として選定された。

また、1930年(昭和5年)に建てられた日本最初の西洋美術館大原美術館や1888年(明治21年)に代官所跡地に建てられた旧倉敷紡績工場の建物を改修・再利用した観光施設倉敷アイビースクエア等も当地区を代表する建築物である。(ウィキより)

 

創味魚菜 いわ倉

所在地: 〒710-0046 岡山県倉敷市中央2丁目1−18

電話: 086-427-3100

 

今朝から嫁の長女と子供。次女夫婦と子供が実家に集まってきた。
昨夜の酒が抜けない中子供たちを相手にしながらも
昼食を済ませると次女の旦那をクルマに乗せると倉敷市へと向かった。
昨夜から降りだした雨もあがってはいたが今にもまた降り出しそうな雨雲に空は覆われていた。
次女の旦那の仕事仲間H氏と合流ししばし2人の経営する会社のオフィースで雑談後、
美観地区にある「創味魚菜 いわ倉」へと向かった。

ビールでとりあえずの乾杯。
海の近い街なので魚が食べたいと言う俺に合わせて
旬のモノをオーダーした。

 

旅をすること・・・人と出会うこと・・・
歴史を知ること・・・は
その後自分自身に必ずおとずれる
正しい選択の為の訓練です。

美しいモノをより美しく観る為に・・・
敬愛する人をより尊敬できるように・・・
大切な時間をより大切にすごす為に・・・

そして人生をより感動できるように・・・

人は旅に出ます。

【 Life On The Road 】