改めて、個人的なお知らせになり恐縮ですが、
2014年2月22日(土)
起業することとなりました。
今回、起業という決断に至るまでを振り返ると、
3つの転機が後押しとなっています。
1つめは、26年前、私が初めて働かせていただいた株式会社ナイガイシャツです。
ナイガイシャツでは15年間アパレルのデザイナーとして努めさせていただきましたが、10年目辺りを境にデザイナー業がデジタル化し始めました。
私の身勝手から1年か2年アパレル業を離れパソコン関連の勉強をするためと退職しました。
その後、同僚だった方々も退職され皆さん起業がされた事を聞いた時正直焦りました。 自分だけ遠回りしている気がしたからです。
その後、アパレル経験とDTPが出来る事を武器に
ハーヴェストレーベルに入社し鞄のデザイナーとして新天地で2年間勤めさせていただくも、DTPを学ばせて頂いた吉野さんから「写真の業界もデジタルに変わり始めている。面白くなる」と誘っていただき西日本最大のカメラスタジオ株式会社コオズハウスに入社。
実を言うと、この頃からインターネットビジネスを視野にアパレル業をしたいと言う気持ちが強くなっていました。
2つめは、昨年の4月頃に読んだビジネス書の中でサイバーエージェントの藤田社長の本があり、
ブログも書かれていたので興味本位で見に行った時にたまたま見かけた
「不安やリスクの無い人生は安定でなく惰性まみれのクソだ」
って言葉を見た時です。 
衝撃が走りました。 自分に言われている様な錯覚に襲われました。
その後サイバーエージェントの藤田社長の他の本を読みあさるにつれ
「このままマネージされてる身じゃダメじゃないのか?」
「リスクが無いのは惰性じゃないか?」
「たった一度きりの人生チャレンジと失敗をもっともっとすべきじゃないか?」
という思いが高まり、蓄積された気持ちのまま、
嫁の働いていた会社の山口社長が3年前に起業された話しと、
山口社長がコンサル時代の先輩の村田さんと7月にお会いした時に、
近々起業する為に準備段階という話しを聞き眩しさを感じました。 
一夜寝た朝、起業を意識し始める自分が居ました。
それから1か月後に3つめの転機となった、
2013年8月3日、第一子が産まれたことです。
「子供が産まれたばかりなのに、チャレンジャーだね!」と
よく言われますが、私にとっては「だからこそ」なのです。
サミュエル・スマイルズ著「自助論」に、
「人生の最高の目的は、人格を強く鍛え上げ、可能な限り心身を発展向上させていくこと」とあります。
そうして、後世への良くも悪くも模範となることが究極の目的です。
子供が産まれ、自分自身に問いました。
「息子への優れた模範となるため、胸を張って自分の信念に従い行動し成長していると言えるか?」
「今のままでいいのか?」
答えはNO。
これが今回の決断の最後の一押しとなりました。
本日、2014年2月25日(火)、
会社設立登記の申請が完了しました。
社名は
NEVER WARE(ネヴァー・ウエア)
「未だかつて何処にも無い」
という意味で「人に感動を与えるにはどうしたら良いのだろうか?」と考え、
人は今まで見たことの無いモノに感動を覚えるのではないだろうか?と言うところから、この名前に決めました。
それと個人的な趣味で「ヴァー」って響きを入れたので、この単語が出てきた時から即決めしました。
ひとまず設立は進めました。
これから先、事業計画、仲間集め、商品企画、営業、販売、出荷など課題は多いですが、
身軽さと情熱を持って駆け抜けていきます。
今後とも宜しくお願いいたします!