9″PECOS CUSHION SOLE / 9″ペコス クッションソール
アメリカ南西部やテキサスは、開拓期より、規模な牧場や農場、そして製油所が存在した。 創業時よりワークブーツを主力製品としていたレッド・ウィング社にとっても、重要な市場であり、1923 年にはテキサス、ダラスに支社を開設し、この地域の顧客開拓を始めた。 この地域には独特の文化があり、ワークブーツの中でもスペインの乗馬靴に端を発する、いわゆるカウボーイブーツ・タイプのものが主流でありレッド・ウィング社も、そうした市場を狙うべく1930年代終わり頃から飾りステッチの入った典型的なカウボーイブーツを製造した。 1953 年にそれまでのカウボーイブーツに変えて、装飾を配したシンプルなプルオン・ブーツを発売した。 1959 年には、それらを発展させ、テキサスの町の名前「PECOS」を商標登録し、その名のもとにバリエーションを拡大した。翌 1960 年にはカウボーイブーツの製法を取り入れたサイドシームのシャフトを持つものが加わった。さらに翌年になると、11 インチ丈のカウボーイブーツ・タイプ、9 インチ丈のヒールの低いローパー・タイプ、同じく 9 インチ丈のトラクショントレッド・ソールのもの、と、現在のペコスブーツの原型がほぼ全て出来上がった。 以来、ペコスブーツはテキサスや南西部に留まらず全米の牧場、農場で、ランチャー、ファーマー達に愛用されている。

 

レッドウィングの数あるラインナップで実は一番穿きやすいモデルがこのペコスブーツ8866だと思います。レッドウィングの成長期である1953年のテキサス州の製油工場や牧場で働く労働者向けに開発されたと言われています。こちらもグッドイヤーウェルト製法でソールも幅広く装着が可能で、購入時はオリジナルのクレープソールが装着されていますが、交換時にヴィムラム・ソールを装着することも可能ですkirakira。レザーはオロ・ラセットで経年変化と共に目に見えてエイジングしてくれます。

 

 

 

旅をすること・・・人と出会うこと・・・
歴史を知ること・・・は
その後自分自身に必ずおとずれる
正しい選択の為の訓練です。

美しいモノをより美しく観る為に・・・
敬愛する人をより尊敬できるように・・・
大切な時間をより大切にすごす為に・・・

そして人生をより感動できるように・・・

人は旅に出ます。

【 Life On The Road 】