竹田城天守跡(済)

竹田城は、現在の兵庫県朝来市和田山町竹田にあった日本の城


諏訪神社(すわじんじゃ)


諏訪神社は兵庫県神戸市中央区の諏訪山に鎮座する神社。 仁徳天皇の皇后である八田皇后の離宮鎮護神として鎮斎されたとされる。 生田神社と長田神社の中間に位置することから、古くは中宮と称されていた。 1182年頃の治承・寿永の乱のおりに源義経が武運を祈ったという伝えがのこる。 諏訪山公園と隣接している。

 


神戸八社巡り(済)

八つの神社を巡ると厄除はもとより健康長寿や安産、良縁祈願にも霊験あらたかと伝えられてきております。

なぜ八つとか中途半端な数の神社が?と思われるでしょうが「八」というのは「数えきれないほどたくさん」という意味があり昔から最大数としてとらえられてきたようです。

一宮神社

兵庫県神戸市にある 一宮神社(いちのみやじんじゃ) です。 生田裔神八社の一社 であり、祭神に宗像三女神の一柱である 田心姫命 を祀っています。

二宮神社

兵庫県神戸市にある 二宮神社(にのみやじんじゃ) です。 生田裔神八社の一社 であり、祭神に天忍穂耳尊・応神天皇を祀っています。

三宮神社

兵庫県神戸市にある 三宮神社(さんのみやじんじゃ) です。 生田裔神八社の一社 であり、祭神に湍津姫命を祀っています。

四宮神社

兵庫県神戸市にある 四宮神社(よのみやじんじゃ) です。 生田裔神八社の一社 であり、祭神に宗像三女神の一柱である市杵島姫命を祀っています。

五宮神社

兵庫県神戸市にある 五宮神社(ごのみやじんじゃ) です。 生田裔神八社の一社 であり、祭神に天穂日命を祀っています。

七宮神社

兵庫県神戸市にある 七宮神社(しちのみやじんじゃ) です。 生田裔神八社の一社 であり、祭神に大己貴命・大日霊貴命・天児屋根命を祀っています。

八宮神社・六宮神社

兵庫県神戸市にある 七宮神社(しちのみやじんじゃ) です。 生田裔神八社の一社 であり、祭神に大己貴命・大日霊貴命・天児屋根命を祀っています。

 


生田神社(済)

兵庫県神戸市にある 生田神社(いくたじんじゃ) です。 神功皇后の時代に 稚日女尊 が祀られたことに始まる古社とされ、 神戸の語源にもなった と云われています。 また、 縁結びの神社 として有名であり、結婚式の件数が多いことでも知られています。


生石神社

兵庫県高砂市にある 生石神社(おうしこじんじゃ) です。 謎の巨大石造物である「 石の宝殿(浮石) 」を御神体としていることで知られています。


湊川神社(楠公さん)(済)

湊川神社は、兵庫県神戸市中央区多聞通三丁目にある楠木正成を祭る神社。地元では親しみを込めて「楠公さん」と呼ばれている。建武中興十五社の一社で、旧社格は別格官幣社である。


六甲比命(ろっこうひめ)神社

六甲比命大善神社は、兵庫県神戸市灘区六甲山町にある、荘厳な磐座をご神体とする神社である。 ウィキペディア

 

 


篠山城 大書院

1609年に建造され、篠山城の中核を担った大書院。旧建物は1944年に焼失したが2000年に再建し、資料館として公開される。


西宮神宮

由緒

社伝によれば、当社の起源は「えびす大神の御鎮座伝説」に由来し、古くは茅渟海(ちぬのうみ)と云われた大阪湾の、神戸・和田岬の沖に出現した御神像を、西宮・鳴尾の漁師が祀ったことに始まるとされ、後に神託によって西方の西宮に遷し祀られたのがことが西宮神社の起源と伝えられているとされます。このほかにも 創祀にまつわる伝承はいくつかあり、具体的な創祀は不明とされていますが、平安時代には廣田神社の境外摂社であったとされ、「浜の南宮」もしくは「南宮社」と呼ばれていたそうです。

また、境内末社の大国主西神社は、平安中期に成立した『延喜式神名帳』における延喜式内社「大国主西神社」に比定されていますが、西宮神社自体を本来の式内大国主西神社とする説もあるとされています。

なお、由緒書における説明は以下の通りです。

ゑびす様の総本社である西宮神社は、西宮のほぼ中央に鎮座し、平安時代末期には既に高倉天皇の御奉幣をはじめ、皇族・神祇伯の参拝が著しく、社勢極めて盛大であった。

特に中世以後、福の神と崇める信仰が盛んとなり、傀儡師の活動や謡曲や狂言を通じて愈々(いよいよ)御神徳が広まっていった。

とりわけ、徳川時代以後の商売繁盛の発展に伴い、海上守護神・商売繁盛の神として あまねく御神徳が発揚(はつよう)し、今日では全国津々浦々にわたって多くの人々の崇敬を受けている。


柿本神社

兵庫県明石市人丸町にある 柿本神社(かきのもとじんじゃ) です。 奈良時代に創建された古社であり、歌聖と称えられる 歌人・柿本人麻呂 を祀っています。 なお、古くは「 人丸神社 」と称されており、地元では「 人丸さん 」の愛称で親しまれているそうです。


五色塚古墳(済)


 


甲子園


 


虚空蔵山


宝塚市立手塚治虫記念館

 

 


城崎温泉街


 


有馬温泉

有馬温泉(ありまおんせん)は、兵庫県神戸市北区有馬町(摂津国)にある日本三古湯の温泉。林羅山の日本三名泉や、枕草子の三名泉にも数えられ、江戸時代の温泉番付では当時の最高位である西大関に格付けされた。

 


姫路城(済)


 


書寫山圓教寺

圓教寺は、兵庫県姫路市の書写山に位置する寺院で、天台宗の別格本山である。山号は書寫山。西国三十三所第27番。現住職は第140世。宗教法人としての名称は常用漢字体の「円教寺」


出石城跡


 


沢庵寺

宗鏡寺は兵庫県豊岡市出石町東條にある臨済宗大徳寺派の寺院。 山号は圓覚山。出石城主の菩提寺。沢庵宗彭所縁の寺として知られる。通称は沢庵寺。 ウィキペディア

 


伊弉諾神宮(済)

伊弉諾神宮は、兵庫県淡路市多賀にある神社。式内社、淡路国一宮。旧社格は官幣大社で、現在は神社本庁の別表神社。 所在地である旧一宮町の地名は、当社に由来する。通称「一宮さん」「伊弉諾さん」。1月15日には、御粥占祭のほか、淡路農林水産祭が行われる。


岩楠神社

淡路島の北端、岩屋港の傍には、岩楠神社(いわくすじんじゃ)がある。この神社にはイザナギノミコトとイザナミノミコト、そして二人の間に最初に生まれた、蛭子命(ひるこのみこと)が祭られている。

 


氷ノ山


 


砥峰高原

道路も整備されアクセス良好な「砥峰高原」。10月下旬、黄金色に輝く夕映えのすすきは有名だけれど、すすきのピークを過ぎたこ時季も見逃せない。夜鷹山の緩やかなワインディングロードの先には「ミッドナイト・イン・パリ」よろしく、絵画の世界に迷い込んだかのような幻想的な赤色の高原が広がる。
このような色になるのは、高山植物と湿原地帯に群生する多彩な植物のおかげだとか。スミレやノアザミ、ウツボクサにオトギリソウ、中には絶滅を危惧されるムラサキミミカキグサや、オオミズゴケも。食虫植物のモウセンゴケも確認されている。また初秋にはハッチョウトンボという県レッドリストに登録されている、真っ赤な体の美しいトンボも多く見られる。

 


書寫山圓教寺

圓教寺は、兵庫県姫路市の書写山に位置する寺院で、天台宗の別格本山である。山号は書寫山。西国三十三所第27番。現住職は第140世。宗教法人としての名称は常用漢字体の「円教寺」である。 ウィキペディア

 


神子畑選鉱場跡

兵庫県、生野の山の奥深くに「鉱石の道」と呼ばれるエリアがある。明延から神子畑、そして生野へと、鉱石や人、文化が運ばれた日本近代化の歴史と、現存する鉱山遺産群をつなぐ道のことだ。中でも生野銀山は多くの観光客が訪れる有名な観光地だけれど、遺産群の中でどうしても見てほしい遺産がある。全盛期には規模、生産量ともに東洋一と言われ、昼夜を問わず稼働し続けたことから「不夜城」と呼ばれる「神子畑選鉱場跡」だ。

 


羅漢寺(五百羅漢)

五百羅漢建立の由来

天領期(江戸時代)、石見銀山御料四万八千石の中心地、大森町三百水の地に五百羅漢が出来上がったのは明和3年(1766年)3月である。

五百羅漢の発創は時期的には判然としないが、およそ元文年間(1736年~1740年)の頃、大森代官所役人で同心を勤める中場五郎左衛門定政で、定政はある日、大森町の中心部の岩山にある観世音寺(真言宗代官所の祈願所)へ参詣し、そこの石像十六羅漢を拝んで、「これを生して五百躯の羅漢を安置したら、さぞ壮観であろう」と住職の月海上人に話したことから、数年を経て代官関忠太夫が赴任(1737年~1744年)、亡夫の冥福を祈るためと一躯を寄進し、続いて関代官所係のもの三躯が寄進され、これが五百羅漢の発端となった。

羅漢は正式には阿羅漢といい、佛教の究極の悟りに到達し、人々から尊敬・供養を受けるのに合いふさわしい境地に至ったものを言います。小乗佛教では佛弟子の最高の境地をさし、佛とは区別して使われていますが、中国や日本では十六羅漢などが知られています。

五百羅漢像はすべて福光産(現在の大田市温泉津町福光)の石像で笑っているもの、泣いているもの、説法をしているもの、天空を仰いでいるもの、布袋和尚に似ているもの、太っているもの、痩せているもの、等様々の面相と姿態は石見銀山御料内の福光村石工、坪内平七一門の手によって二十余年間の歳月が費やされて完成したものである。

 


竹野浜海水浴場