奈良市・柳生・大和高原


東大寺

正倉院

8世紀の中頃,奈良時代の天平勝宝八歳(756)6月21日,聖武天皇の七七忌の忌日にあたり,光明皇后は天皇の御冥福を祈念して,御遺愛品など六百数十点と薬物六十種を東大寺の本尊盧舎那仏(大仏)に奉献されました。皇后の奉献は前後五回におよび,その品々は同寺の正倉(現在の正倉院宝庫)に収蔵して,永く保存されることとなりました。これが正倉院宝物の起りです。そして,大仏開眼会をはじめ東大寺の重要な法会に用いられた仏具などの品々や,これより200年ばかり後の平安時代中頃の天暦4年(950)に,東大寺羂索院の倉庫から正倉に移された什器類などが加わり,光明皇后奉献の品々と併せて,厳重に保管されることとなったのです。正倉院宝物は,このようにいくつかの系統より成り立っています。

この正倉院宝庫は,千有余年の間,朝廷の監督の下に東大寺によって管理されてきましたが,明治8年(1875),宝物の重要性にかんがみ内務省の管轄となり,次いで農商務省を経て宮内省に移り,引き続き宮内庁の所管するところとなったのです。なお,宝庫は現在,古来の正倉のほかに西宝庫・東宝庫があり,いま宝物はこの両宝庫に分納して保存されています。

知足院

 

興福寺

春日大社

春日山原始林(済)

元興寺

元興寺(がんごうじ)は非常に古い寺院で飛鳥時代、大陸から仏教を取り入れるか否かで進歩派、蘇我氏と廃仏派、物部氏が争って蘇我氏が物部氏の頭領である物部守屋(もののべもりや)破ったことで大きく仏教容認に傾きました。それによって正式な仏教寺院が初めて飛鳥の地に建てられました。当時の名前は法興寺またはその土地に因んで、飛鳥寺と呼ばれましたが、都が平城京に移ると法興寺も移され名前も法興寺から元興寺と変更されました。平安時代の前半期までは元興寺は、南都七大寺(東大寺、興福寺、薬師寺、西大寺、大安寺、法隆寺、元興寺)の中でも指導的な役割を示してきました。仏教行事の盂蘭盆会(うらぼんえ)、灌仏会、文殊会、仏名会などは元興寺の発祥です。当時に人たちは南都七大寺をお参りするのが楽しみだったようです。しかし、平安後期には、当時の新興勢である真言宗、天台宗の隆盛で衰退一途をたどっていきます。しかし、それまでとは違って民衆の力に支えられて現在まで続いてきたのです。最近では文化財保護の成果などを評価され世界遺産にも登録されました。

 

平城宮跡

唐招提寺(済)

国宝 奈良時代(8世紀)
脱活乾漆(だっかつかんしつ) 彩色

高さ80.1cm。日本最古の肖像彫刻であり、天平時代を代表する彫刻です。
鑑真和上の不屈の精神まで感じさせる傑作です。
脱活乾漆は麻布を漆で貼り合わせ整形を施す製法で内部は空洞となります。弟子の忍基(にんき)が制作を指導したとされ、今も鮮やかな彩色が残っています。

 

薬師寺

奈良公園(済)

 

 

宝山寺

源九郎稲荷神社

多聞山城東堀切

宝来山古墳(垂仁天皇陵)

霊山寺宿坊 天龍閣

国指定史跡 頭塔

 

生駒・大和郡山・磯城


矢田寺

生駒山 寳山寺

県指定史跡 郡山城跡

 

斑鳩


法隆寺

 

法起寺

中宮寺

龍田大社

達磨寺

 

天理・桜井


石上神宮

石上神宮は、大和盆地の中央東寄り、龍王山(りゅうおうざん)の西の麓、布留山(ふるやま・標高266メートル)の北西麓の高台に鎮座し、境内はうっそうとした常緑樹に囲まれ、神さびた自然の姿を今に残しています。北方には布留川が流れ、周辺は古墳密集地帯として知られています。
当神宮は、日本最古の神社の一つで、武門の棟梁たる物部氏の総氏神として古代信仰の中でも特に異彩を放ち、健康長寿・病気平癒・除災招福・百事成就の守護神として信仰されてきました。
総称して石上大神(いそのかみのおおかみ)と仰がれる御祭神は、第10代崇神天皇7年に現地、石上布留(ふる)の高庭(たかにわ)に祀られました。古典には「石上神宮」「石上振神宮(いそのかみふるじんぐう)」「石上坐布都御魂神社(いそのかみにますふつのみたまじんじゃ)」等と記され、この他「石上社」「布留社」とも呼ばれていました。
平安時代後期、白河天皇は当神宮を殊に崇敬され、現在の拝殿(国宝)は天皇が宮中の神嘉殿(しんかでん)を寄進されたものと伝えています
中世に入ると、興福寺の荘園拡大・守護権力の強大化により、布留川を挟み南北二郷からなる布留郷を中心とした氏人は、同寺とたびたび抗争しました。戦国時代に至り、織田尾張勢の乱入により社頭は破却され、壱千石と称した神領も没収され衰微していきました。しかし、氏人たちの力強い信仰に支えられて明治を迎え、神祇の国家管理が行われるに伴い、明治4年官幣大社に列し、同16年には神宮号復称が許されました。
当神宮にはかつては本殿がなく、拝殿後方の禁足地(きんそくち)を御本地(ごほんち)と称し、その中央に主祭神が埋斎され、諸神は拝殿に配祀されていました。明治7年菅政友(かんまさとも)大宮司により禁足地が発掘され、御神体の出御を仰ぎ、大正2年御本殿が造営されました。
禁足地は現在も「布留社」と刻まれた剣先状石瑞垣で囲まれ、昔の佇まいを残しています。

 

三輪明神 大神神社(済)

長谷寺

談山神社

纒向遺跡(まきむくいせき)

三輪山の麓にある桜井市の巻向地区には、卑弥呼の墓ではないかといわれている箸墓古墳を中心に多くの古墳や遺跡があり、近くの山辺の道には大和朝廷の実質的な創始者とも言われる、崇神天皇陵(行燈山古墳)や景行天皇陵(渋谷向山古墳)等もあり、ここが大和朝廷の発祥の地という人もいる。纒向遺跡には20数基の古墳が存在する。このうち現状から前方後円墳と判別できるものとして、箸墓古墳、纒向石塚古墳・矢塚古墳・勝山古墳 ・東田大塚古墳・ホケノ山古墳がある。これらの古墳を総称して「纒向古墳群」という。

安倍文殊院

 

宇陀


長谷寺

室生寺

龍穴神社

宇陀松山城跡

室生山上公園・芸術の森

八咫烏神社

宇陀市立松山地区まちづくりセンター

龍王ヶ淵

橿原・明日香


橿原神宮(済)

石舞台古墳(済)

 

東光山 岡寺 (龍蓋寺)(済)

飛鳥寺

壺阪山 南法華寺 (壺阪寺)(済)

高取城跡(済)

文殊院西古墳

益田岩船

 

高松塚古墳(済)

 

葛城・五条


葛城山

富麻寺

片岡山 達磨寺

吉野・大峯・天川


吉野山(済)

金峯山寺(済)

金峯神社

吉水神社

吉野水分神社

大峯山寺

立里荒神社

吉野郡野迫川村にある、日本三大荒神社の一つ『立里荒神社(たてりこうじんじゃ)』へお詣りしてきました。高野山を開山する際に、弘法大師空海が勧請したと伝わる歴史ある神社で、今もたくさんの参詣者が訪れます。石段には木製の鳥居が連続して並び、拝殿の軒を円形に繰り抜いて杉の木を通すなど、ちょっと不思議な雰囲気のあるお社でした。

花矢倉展望台

天河大弁財天社

天神社

大塔コスミックパーク星のくに

 

十津川周辺


玉置神社

玉置神社(たまきじんじゃ)は、奈良県吉野郡十津川村にある神社。大峰山系の霊山の一つである玉置山の山頂直下の9合目に位置し、大峯奥駈道の靡(なびき)のひとつである。

社務所および台所、梵鐘は国の重要文化財。境内地の杉の巨樹群は奈良県の天然記念物。2004年7月に登録されたユネスコの世界遺産『紀伊山地の霊場と参詣道』の構成資産・大峯奥駈道の一部。

大峯奥駈道

 

小辺路

 

瀞峡(済)

 

その他


大台ケ原(済)

 

 


大和国

 


垂仁天皇陵

 

 


天河大弁財天

 


安倍文殊院

 

 


十津川 上湯温泉

 


文殊院西古墳